◆ 更新履歴・ニュースなど ◆

2012/02/26 メニューバーの「コンテンツ」を5つ追加しました。
2012/02/22 「NORI VOICE 管理人の自己紹介とパニック障害について思うこと」を追加しました。
2012/02/21 「PDの原因」セロトニンを増やすには?を追加しました。
2012/02/21 「コンテンツ一覧」を追加しました。
2012/02/21 「NORI VOICE」を追加しました。
2012/02/20 「PDの原因」を追加しました。 
2012/02/20 「管理人について」を追加しました。
2012/02/20 「パニック障害のアナタに伝えたいこと」を追加しました。
2012/02/20 「管理人の活動のご紹介」を追加しました。
2012/02/19 「パニック障害を治そう」 を開設しました。


■「パニック障害を治そう」当ホームページについて■


 パニック障害とは精神疾患のひとつで、今ではとても多くの方々がその疾患に苦しんでいるという状況があるようです。自律神経に乱れから、脳内のセロトニン不足になり、そして動悸や眩暈などを伴う症状が出るというものです。一般的には過呼吸、眩暈、離脱感、発狂するのではないかという恐怖感、死ぬのではないかという恐怖感を伴い、精神的にかなりキツイ状況になるのがパニック障害です。元気が出ない、鬱とかそのような症状ではなく、身体の影響により精神に来るというのがパニック障害のような気がします。管理人の私自身もパニック障害になり、初期の頃はかなり辛い時期が続きました。気を失ってしまうという事などもありますから、色々と思うわけです。

 しかしながら、頑張って何かを一生懸命やってきたのに結果としてパニック障害という結果で業務遂行不能になったり、好きだった事をを辞めなければならなかったり、はたまた好きであった事がパニック障害になったという恐怖感のために嫌いになったり・・・そんなのってあんまりに酷いと思います。

 頑張って何かを行ってきた、責任感に潰されそうになりながらそれでも頑張って踏ん張ってきたという結果がパニック障害で、さらに頑張ってきたことを辞めざる得ない状態になるなんて本当に酷な事だと思います。

 そのような状況にいるアナタに少しでも回復が早くなるような情報をお伝えできればと思い簡素ながらこのホームページを立ち上げました。あなたが少しでも早くパニック障害の最も辛い状況を克服し健全で明るい、毎日を楽しめるように回復して頂ければと心から願っております。



■管理人のご紹介■


【管理者:NORI :Was born in1985】
 23歳のときにパニック障害を患いました。

 突然の動悸に眩暈、意識が飛んでいくような感覚に恐怖感を覚え意識を失いそうになったのです。しかしながらその時は「貧血」だろうと思っていたのですが、恐怖感は消えず、動悸は毎日止むことなく続き、「これはおかしい」と思い、病院で検査を受けても何も悪いところはない。

 「おかしい」と思い、ネットで調べていると「パニック障害」のページに辿り着きまさに症状はこの「パニック障害」でした。

 精神科、心療内科などに行くのには抵抗があるとよく言われていますが、もうこの症状から一刻でも早く逃れたいという気持ちの方が強くそんな抵抗は全くなく、すぐに予約をとり診療内科で診察を受けました。

 予想通り「パニック障害」との診断を受ける事になり、治療をする生活がはじまりました。
------------------------------------------------------------------------------
【現在】
現在ではほぼ完治と言ってよいくらいの状態にいますが、ときどき眩暈がしたり、発作が来るかもしれないよいう予期不安が時々起こります。

 しかしながら、ほぼ完治という状態であると思います。
ここでぶり返さないようにしていけば元に戻ると思いますが、本人的にはかなりの衝撃的な体験ですので、動悸や眩暈などの意味づけがパニック障害の発作という風になっていることは否めません。この点をパニック障害の症状ではなく、「疲れである」「なんかふらふらするな」くらいの意識にしておけるとパニック障害は完治だと個人的には思います。

 パブロフの犬のような意味づけが最終的には完治の鍵なのではないかと思います。
もちろん、規則正しい生活なども重要です。規則正しく眠り、朝は起きるという事です。
また、あまりに物事を考えすぎないというメンタルというか思考の部分の改善も大きな事だと思います。





 パニック障害の原因は過度のストレスから来るものです。その際に脳内のセロトニンが欠乏することで不安定になり慢性的に続くとパニック障害や鬱や不眠といった症状が発症するという事が現在で脳科学や精神科の研究で明らかになりつつあります。 パニック障害の原因のセロトニン欠乏を防ぐサプリメント 【セロトアルファ】の記事が下記リンクしてあります。下記二つはどちらもセロトアルファのページです。

 まずはストレスチェックをしてみては如何でしょうか?